【Evernote】コピペすると文字サイズがヘン?書式を解除・削除する方法

Evernoteで書式を削除してコピペする方法
こんな疑問はありませんか?
おとは@管理人
おとは@管理人
  • Evernoteでコピペするときに、コピー元の文字の大きさや色を継承しないで貼り付ける方法はないの?

Evernote(エバーノート)は、コピペするときに強制でコピー元の書式情報が継承されます。

そのため、普通にコピペすると必要のない装飾まで貼り付けてしまうんですね。

おとは@管理人
おとは@管理人

まさか、Webテキストの書式にストーカーをされるとは!

コン太@助手
コン太@助手

全然うれしくないね、、、

僕はブログを書くときに、Webで調べた情報をEvernoteにコピペでメモすることが多いのですが、書式にストーカーされるとノートの視認性が悪くなって困るんです。

Web文章では、様々な装飾がつけられていることがありますよね?

Evernoteにコピペしたときに装飾ごと貼り付けられてしまうと、”文章がとても見づらく“なります。

「どうにかしなければ…」

色々と調べた結果、コピー元の書式を消す方法を見つけたので、

この記事では、“書式を削除して貼り付ける方法”・”貼り付けたあとに書式を解除する方法”をシェアしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Evernoteのコピペは書式を継承する

Evernoteでコピペをすると、コピー元の書式が一緒にくっついてくるのですが、書式とは何でしょう?

平たくいえば、装飾のことです。

Web文章の装飾とは、以下のようなものを指します。

  • フォント(メイリオ・遊ゴシックなど)
  • フォントサイズ(文字の大きさ)
  • フォントカラー(文字の色)
  • その他装飾(マーカー・太文字など)

このブログに、色々な装飾文を使ったサンプルページを作成しました。

試しに、この装飾文をEvernoteにコピペしてみます。

web文章をコピー
色々な装飾文をコピー
Evernoteに貼り付ける
Evernoteに貼り付け
コン太
コン太

コピー元のフォント、フォントサイズ、その他装飾など、すべてが継承されているね

文章を打ち直したり、装飾を1つずつ変更していくのはとても大変なので、サクッと解決できる方法を教えます。

冒頭でお伝えした、以下の2つの方法です。うまく活用していきましょう。

  1. 書式を削除して貼り付ける
  2. 貼り付けたあとに書式を解除する

基本は、①書式を削除して貼り付けることになります。

書式つきで貼り付けてしまったときや、文章の一部だけ書式を外したいときは、②貼り付けたあとに書式を解除するを使ってください。

それでは、詳しく操作手順をみていきましょう。とっても簡単なので、すぐに使えると思います!

書式(装飾)を消す方法

パソコン・スマホ、それぞれの環境で操作手順を説明します。

当情報は、Windows・AndroidのOS環境で操作しています。
OSが異なる場合には、操作手順・名称が変わるのでご注意ください。

①書式を削除して貼り付ける 【パソコン:Windows】

  1. 文章をコピー
  2. エバーノートに「shift+ctrl+V」で貼り付ける
コン太@助手
コン太@助手

ペーストするときに、shiftキーを追加するだけだから簡単だね!

これだけです(笑)

ショートカットキーを使ってコピペするときはctrl+Vで貼り付けますが、そこにshiftを足すと書式が削除された状態でペーストされます。

②貼り付けたあとに書式を解除する【パソコン:Windows】

  1. エバーノートから、書式を解除したい文章を範囲選択
  2. 「shift+ctrl+スペース」で書式を解除
コン太@助手
コン太@助手

この方法で、すでに継承してしまった文章の書式を解除することができるよ!

これまた、あっという間ですね(笑)

ちなみに、範囲選択をしないでshift+ctrl+スペースをすると、ノートのすべての文字に書式解除が適用されます。

また、ctrl+スペースで、書式の一部のみを解除することが可能。これを、”書式を簡略化“(後述)といいます。

①書式を削除して貼り付ける 【スマホ:Android】

残念ながら、スマホでは”書式を削除して貼り付ける”機能がありません。

次項で”あとから書式を解除する方法”を書いているので、そちらで対応してください。

②貼り付けたあとに書式を解除する【スマホ:Android】

スマホでできる書式の解除は、“書式を簡略化”(後述)のみとなっています。

また、スマホやタブレットには右クリックという概念がないせいか、範囲選択した文字列だけを簡略化させることができません。

簡略化させるのであれば、そのノート内の文字すべての書式を簡略化させることになります。

そして、パソコンの【書式を簡略化】と違う部分を1つ発見しました。

パソコンのほうでは削除できていた【マーカーが消せない】ということです。

もしかしたら、他にも違いがあるかもしれません。

それでは操作手順を見ていきましょう。

スマホで書式を簡略化
  • ステップ1
    ノートを開いてオプションを開く

    画像準備中
    (縦型の三点リーダーをタップ)

  • ステップ2
    【書式の簡略化】をタップ

    画像準備中

  • ステップ3
    一部の装飾を除き、書式が削除されました

    画像準備中

ショートカットキーで紹介しましたが、マウスの右クリック項目から実行することもできます

  1. 【貼り付けてスタイルを合わせる(shift+ctrl+V)】…ペースト時に書式をすべて削除
  2. 【書式を簡略化(ctrl+スペース)】…範囲選択(選択なしですべての文字)した文字の書式を一部削除
  3. 【書式設定をすべて削除(shift+ctrl+スペース)】…範囲選択(選択なしですべての文字)した文字の書式をすべて削除

あとから書式を削除する方法だと、【書式を簡略化】と【書式設定をすべて削除する】の2種類があるので、ややこしいですね。

コン太
コン太

あとから書式を削除する場合は、【書式の簡略化(一部を削除)】と【書式設定をすべて削除する(すべて削除)】で選べるよ

【書式の簡略化】と【書式設定をすべて削除】の違いは、僕もすべてを把握できているわけではないのですが、ざっくりと以下のようになっていました。

【書式の簡略化】…一部を削除

フォント、フォントサイズ、マーカーなどの一部装飾が削除されるが、太文字、アンダーラインなどの装飾は削除されない

【書式設定をすべて削除】…すべて削除

すべての装飾が削除される


例えば、「この文章のフォントや文字サイズは直したいけど、太文字の装飾は残しておきたい」なんてピンポイントな希望があるときは、【書式を簡略化】がピッタリということです。

実用性としては微妙ですね(笑)

補足情報ですが、【書式を簡略化】したときの動作を、僕が実際に試してみた範囲で紹介しておきます。

書式を簡略化すると装飾は
削除できる
削除できない
  • フォント
  • フォントサイズ
  • 文字色
  • マーカー
  • 太文字
  • イタリック
  • アンダーライン
  • 打ち消し線
スポンサーリンク
 うた坊
うた坊

すべての書式を削除できないのは、ダルいです

まとめ

Evernoteで書式を削除する方法は、思いのほか簡単でしたね。

パソコンの場合は、ショートカットキーでスマートにコピペしましょう。

コメントする

タイトルとURLをコピーしました