LastPassで自動記入がされない!Androidスマホでエラーが発生したときの原因と解決方法!

pool_lastpass_jidoukinyuu_android_header

先日、パスワード管理サービスのLastPassでAndroidスマホからいつものように自動記入でサイトのログインをしようとしたのですが、「an error has occurred please disable and re-enable the lastpass accessibility service」というエラーメッセージが通知で出てきてしまい、LastPassでの自動記入ができない状況に陥りました。

試行錯誤の末に、Android OSのバージョンアップデートを行うことにより、この不具合を直すことができたので、情報をまとめておきます。

いくつか注意点などもありますので、同じようなエラーメッセージから自動記入ができなくなった方は、続きをご覧ください。

この記事では、LastPassで「an error has occurred please disable and re-enable the lastpass accessibility service」というエラーメッセージがでる原因と、その際の解決方法をご提示していきます。

スポンサーリンク

AndroidアプリのLastPassで自動記入ができなくなった!

pool_image

※Androidアプリ版LastPassでの不具合症状ですので、ご注意ください。

iPhoneアプリ版での同不具合症状は筆者の方では確認しておりません。

また、今回筆者の元で起きたエラーの原因は、すべての方に当てはまるものではないかもしれません。

別の原因で同じエラーメッセージが出現している可能性もあるかと思いますので、すべての方に参考の1つとしていただけるよう、当不具合における筆者の一連の作業をすべて記しております。

人によっては、不必要な情報もあるかと思いますが、そのような意図があるということをご了承ください。

この記事をご覧になられているあなたは、おそらくAndroidアプリのLastPassで「an error has occurred please disable and re-enable the lastpass accessibility service」というエラーメッセージが自動記入の際に通知されてしまい、自動記入できずに困っていることと思います。

しかも、昨日まで普通に自動記入できていたのに、急に使えなくなりませんでしたか?

クリックで拡大

そもそも「an error has occurred please disable and re-enable the lastpass accessibility service」というエラーメッセージは日本語に訳すと、なんと言っているのでしょうか?

これが分からないことには、原因も解決方法も探れません。

正直、筆者の英語レベルは絶望的なので、素直にGoogle翻訳に頼りました。

翻訳してみると、「エラーが発生しましたlastpassアクセシビリティサービスを無効にして再度有効にしてください」と言っていることが分かったので、アクセシビリティサービスとやらを無効にして、再度有効にすれば治るわけですね。

「…アクセシビリティサービスってなんだよ!」

きっとほとんどの人は、アクセシビリティサービスなんて分からないですよね?(^-^;

Android端末におけるアクセシビリティサービスというのは、ユーザー補助機能のことです。

端末の設定→システムからユーザー補助設定にいくことができます。

↓の画像を参考にしてみてください。

pool_lastpass_jidoukinyuu_android

とまぁ、LastPassのエラーメッセージに従って設定しなおせば、不具合が治るはずなんですが、結論から言うとこれでは不具合が治ることはありませんでした。

こうなると困るわけです。

ネット上で検索してみても情報がほとんどないですし、(だからこの記事を書いたんですけどね)LastPassは、日本企業のサービスではないので、それっぽい情報は全部英語のページなんですよ。

LastPassの公式サポートページなんかをみてもほぼ英語…

先ほども言いましたけど、筆者の英語レベルは0に近いくらいなので、そんなのを見ても全然分からない…

翻訳も試してみましたが、長文はさすがに翻訳にかけてもギリギリ理解不能な文章になってしまうんですよね(^-^;

直接サポートに問い合わせしてみようかとも思ったんですけど、どうやら問い合わせをするにはチケットが必要らしく、それにはLastPassの有料会員でないともらえない様子。

企業への問い合わせにチケットが要るなんて初めての経験でした。斬新w(誉めてないですからね…)

困り果てたのですが、どうしても自動記入を復活させたかったので、翻訳した文章から断片的に情報を抜き取り、いくつかの解決策を試してみました。

自動記入のエラー問題を解決するために行った3つの方法

pool_lastpass_jidoukinyuu_android

  1. アクセシビリティサービスのOFF→ON

  2. セキュリティアプリの干渉を切断

  3. LastPassのアンインストール→再インストール

それぞれ見ていきましょう。

1.アクセシビリティサービスのOFF→ON

先ほどお伝えしたエラー文で言われた方法です。

LastPass側が提示してきた解決方法なので、これが一番確実なように思えますが、筆者の場合これでは解決しませんでした。

2.セキュリティアプリの干渉を切断

もしかしたら、同端末に入れている他のアプリケーションが干渉しているのではないかと思い、一番干渉しそうなセキュリティアプリのアクセシビリティサービスをOFFにすることにしました。

ちなみに筆者がAndroidスマホに入れているセキュリティアプリはSecurityMasterというセキュリティアプリです。

セキュリティアプリがどういった形でなぜ干渉するのか、そんな難しいことは分かりません。

はい。完全に野生の勘でやってみただけです。

当然これも治らず。w

3.LastPassのアンインストール→再インストール

そして最終手段。シンプルにアプリを一度アンインストールしてリセットをかけることにしました。

これでダメなら諦めるしかないな、と思いながらアンインストール後に再インストール。

情況は変わらず、一応再インストール後にもう一度アクセシビリティサービスのOFF→ONも試してみましたが、それでもダメでした。

執念の調査結果の末におそらくの原因が見つかる

pool_lastpass_jidoukinyuu_android

97%ほど諦めていたのですが、自動記入ができないといちいちLastPassを開いてそこからお目当てのパスワードをコピペしなくてはならないので、正直かなりめんどい。

ここまでやって、今更引くにも引けなくなったので、執念のリサーチを再開することにしました。

androidOSのバージョン問題

そして!

灯台下暗しといいますか、androidでアプリをインストールする際に使っているPlayストアのLastPassページの評価コメント欄に貴重なコメントが!

「自動記入ができなくなった。Android5.0ではもう対応していないのか」

これは盲点でした…

OSのバージョンのせいか!!!!w

ちなみに筆者のAndroid端末はXperiaZ4です。(古くてごめんなさい)

OSを確認してみるとAndroid5.0でした…

5.0といえば、サーポートも切れた旧バージョン。こんな時代にいつまでも古いスマートフォンを使っているのが悪いということか…

「じゃあもうこの端末では無理なんだな。スマホ買い替えるか…」

なんて思ったんですが、よく考えてみればバージョンが古いならバージョンアップすればいいわけです。

今は、Android7.0までバージョンアップできますからね!

Android OSのバージョンを確認する方法

まずは現在のOSバージョンがいくつなのかを確認してみましょう!

Android5.0であれば、OSが古いせいでLastpassの自動記入ができなくなっている可能性があります。

その場合は、Android6.0へバージョンアップさせましょう。

Android OSのバージョンを確認する方法は、「設定」→「端末情報」→「Androidバージョン」で確認することができます。

↓画像を参考にしてみてください。

pool_lastpass_jidoukinyuu_android

筆者の場合は、バージョンアップできる最大の(2018.06時点)Android7.0までバージョンアップさせました。

これがダメならあきらめて!実際に私がLastPassの自動記入を復活させた方法!

pool_lastpass_jidoukinyuu_android

ここまでで、筆者のAndroidスマホでLastPassの自動記入ができなくなった理由は、おそらくOSのバージョンが古かったから。ということが分かりました。

長かったですねw

筆者はOSのバージョンアップによって、無事にLastPassでの自動記入ができるようになりましたので、先ほどのOSバージョンの確認方法でAndroid5.0だった場合は、バージョンアップを試してみましょう。

バージョンアップの際に気を付けることべき注意点など

バージョンアップの際には注意点がいくつかありますので、先に確認しておきましょう。

Android OSバージョンアップの際の注意点

・OSのバージョンアップには大量の通信が必要になります。キャリアの通信ではなく、Wi-Fi接続での通信がおすすめです。

・スマホ端末の充電が50%以上ないと、ソフトウェアの更新ができないので、バージョンアップの前に充電を済ませておきましょう。

・バージョンが変わることで機能性やデザイン等が以前と変わることがあります。アプリによっては新しいOSのバージョンに対応していないことがありますので、注意が必要です。

・また、数年前に発売されていた端末に最新のOSを入れてしまうと、端末の性能が最新のOSに追い付かず、逆に動作が重くなったり等の症状がでることもありますので、こちらも併せて覚悟する必要があります。

(ちなみに、筆者のXperia Z4ではOSをAndroid5.0から7.0までバージョンアップさせましたが、以前と比べて差があまり感じられない程度のパフォーマンスを維持しています。けれども、あくまで参考程度にしてくださいね!)

Android OSバージョンアップ時の補足説明

バージョンアップは、段階的に行われます。

Android5.0から一気にAndroid7.0にはなりません。

5.0→6.0→6.XX→6.XX→7.0

このような形で複数回に分けてのバージョンアップでした。

最初の5.0→6.0まででは、筆者の場合はLastPassの自動記入は復活しませんでしたので、最初のバージョンアップで自動記入が復活しない場合はもう一度バージョンアップを行いましょう。

最終的には7.0までバージョンアップさせることができると思いますが、どこまでやるかは、お好みでどうぞ。

メリットもデメリットもありますので、先ほどお伝えした注意点も考慮して決めてください。

AndroidスマホのOSバージョンアップの方法

お待たせしました。それでは、バージョンアップの具体的な手順です。

  1. まず端末の「設定」から、システムの「端末情報」をタップ

  2. 「ソフトウェアの更新」という項目をタップ(ちなみに、当記事内では今まで定義的に、OSのバージョンアップとさんざん言ってきましたが、Android端末上ではOSのバージョンアップをソフトウェアの更新という表現になっています。)

  3. 「アプリケーションの更新」と「本体ソフトの更新」の2つタブがありますので、本体ソフトの更新を選んでください

  4. 更新ができる状態であれば、「ダウンロード」という表示が出ていると思いますので、そちらをタップ

  5. しばらくするとインストールの準備が整いますので、「続行」をタップ

  6. その後、「後で」と「今すぐインストール」の2つの表示が出てきますので、「今すぐインストール」をタップ

↓画像でも参考にしてみてください。

※スマホのメーカーや端末によって、画像とはデザインや表現が違うかもしれません

pool_lastpass_jidoukinyuu_android

以上でソフトウェアの更新の手順は終わりです。

通信状況にもよると思いますが、20分~40分程度でインストールが完了すると思われます。

これで、OSが1段階上がっていると思いますので、一度先ほどのOSの確認方法でバージョンをチェックしてみましょう。

おそらく一回目の更新でAndroid6.0になっているはずです。

さらにバージョンをアップさせたい場合は、同じ手順を繰り返せばOKです!

バージョンアップできる最大までいった際には、「本体ソフトは更新済みです。最新の状態です。」というメッセージがでるようになります。

とりあえずLastPassの自動記入が復活するところまででいい!という方は、更新ごとに一度LastPssの自動記入を試してみましょう。

※複数回ソフトウェアの更新をしても自動記入が復活しない場合は、一度アクセシビリティサービスのOFF→ONを試してみてください。

まとめ

pool_lastpass_jidoukinyuu_android

以上が、AndroidアプリのLastPssで自動記入ができなくなった時の原因と、筆者が自動記入の復活までに行ったすべての作業となります。

筆者の場合は、Android OSのバージョンが古かったために、自動記入ができなくなったようでした。

結果、OSのバージョンアップをすることによって復活できたので、今現在でも問題なくLastPassの自動記入を使うことができています。

同じような条件であれば、おそらくあなたも同じ方法で自動記入を復活させることができると思いますので、OSバージョンアップ時の注意点をよく読んだ上で、試してみてください。

OSの更新をしたことによって起きる、端末のいかなる問題も筆者には責任を負えませんので、OSの更新によるデメリットをよく把握した上で行ってくださいね(^-^;

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする