テキストファイルを「メモ帳」ではなく「TeraPad」で開きたい!既定のプログラムを追加・変更する方法!

pool_terapad21
taka1
あき

どうも!筆者のあきです!

筆者は普段テキストエディターに「TeraPad」(テラパッド)を使っています。

ブログとかプログラミングとかやっている方には初期搭載の「メモ帳」アプリではちょっと物足りないですよね?

けど、テキストファイルを開くときのアプリケーション設定が初期設定で「メモ帳」になっていて困っていないですか?

pool_taka9
あき

これじゃ、エクスプローラーから直接ファイルを開くと勝手に「メモ帳」で開かれちまう!

テキストファイルをTeraPadで開くには、TeraPadのアプリケーション上からファイルを開かないといけなくて、このままでは不便です。

「ファイルを開くときのアプリケーション設定を「メモ帳」ではなく「TeraPad」に設定できないのかな?」

というわけで、この記事では「TeraPadをテキストファイルの既定のプログラムに設定」する方法をお伝えしていきたいと思います。

当記事では、Windows7を基本とした説明をしております
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもなんで「メモ帳」で開かれるの?

pool_terapad22

ここでお伝えしている「メモ帳」というのは、Windowsに標準搭載しているアプリケーションのことを指します。

パソコンでもスマートフォンでもタブレットでも同じことが言えますが、ファイルを閲覧するには基本「アプリケーション」が必要ですよね?

テキストファイルを開いたり編集したりするためには、リーダーやエディターアプリが必要になります。

画像ファイルや動画ファイルもアプリケーションがなければ見ることはできません。

つまり、ファイルは「ファイルを取り扱うアプリケーションがあって初めて機能する」といえるわけです。

パソコンにもスマートフォンにも必ずそれぞれのファイルに対応したアプリケーションがインストールされているはずです。

アプリケーションは、メーカーやOSから標準搭載されているアプリのほかにも、無料や有料でさまざまなアプリがあります。

スマートフォンであれば、アップルストアやプレイストアなんかでアプリをインストールできますよね?

同じ端末に同じ機能のアプリが複数入っていると、「一体どのアプリでファイルを開くんだい?」ということが起きてしまいます。

例えば、同じパソコンにWindows標準の「メモ帳」と自分でインストールした「TeraPad」が入っていたとしましょう。

テキストファイルを開くときに「「メモ帳」アプリと「TeraPad」アプリ、どっちのアプリでもテキストファイルを開けるけど、どっちのアプリを使おうか?」となってしまいます。

ファイルを開くたびに「どっちにする?」なんて聞かれたら面倒ですよね?w

だから、「このファイルを開くときには、このアプリケーションで開く」というヒモ付けをする必要がでてくるわけです。

そして、Windowsの場合は初期設定で「テキストファイルを開くときは「メモ帳」アプリでファイルを開く」という設定になっています。

これをWindowsでは「既定のプログラム」と言います。

つまり、テキストファイルを最初から「TeraPad」で開くようにするには、この「既定のプログラム」を「メモ帳」から「TeraPad」に設定変更してやればいいのです。

「テキストファイルを開くときは「メモ帳」アプリでファイルを開く」

「テキストファイルを開くときは「TeraPad」アプリでファイルを開く」

ということですね。

それでは、どのように設定を変更すればいいのでしょうか?

次項から説明していきます。

pool_taka10
あき

レッツゴー♪

「既定のプログラム」の追加・変更方法

Windows7での設定手順となります。また、Windows10ではプログラムファイルの任意追加ができなかったため、現状「TeraPad」を既定のプログラムとして設定することはできないと思われます。別の設定方法などの情報がありましたら、シェアしていただけると嬉しいです。

  1. ホーム画面から「ウインドウズマーク」をクリック

  2. 「コントロールパネル」をクリック

  3. 上部コントロールパネル横の三角をクリックして展開し、「プログラム」をクリック

  4. 「既定のプログラム」をクリック

  5. 「ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け」をクリック

  6. でてきた一覧に「.txt」という項目があると思いますが、「現在の既定プログラムのステータス」を確認してください。「メモ帳」になっていると思います。「.txt」の項目をダブルクリック

  7. 「推奨されたプログラム」、「他のプログラム」とありますが、ここに「TeraPad」がなければ「参照(B)」をクリック

  8. ファイル一覧が出てくると思いますので、「TeraPad」のアプリケーションファイルを探しましょう。「TeraPad」をインストールしたときに保存した場所にあるはずです。見つけたら、選択して「開く」をクリック

  9. 「推奨されたプログラム」にTeraPadが追加されていると思います。「TeraPad」を選択して「OK」をクリック

  10. さきほどの「.txt」項目の「現在の既定プログラムのステータス」を再度確認してみましょう。問題なければ、「メモ帳」から「TeraPad」に変更されているはずです。

pool_taka11
あき

以上で設定は完了です。

次回からテキストファイルを開くときには、「メモ帳」ではなく「TeraPad」で起動するようになりました。

今回はテキストファイル(.txt)に関しての設定方法としてお伝えしましたが、他のファイルやアプリケーション関しても同様の手順で設定をすることができますので、あなたの用途に最適な設定をしてみてください。

文字では分かりづらいというあなたのために、設定方法を画像でも用意しましたので、次項から確認してください。

スポンサーリンク


画像で解説!「既定のプログラム」の追加・変更方法

※画像はクリックで拡大できます

  1. pool_terapad11

  2. pool_terapad12

  3. pool_terapad13

  4. pool_terapad14

  5. pool_terapad15

  6. pool_terapad16

  7. pool_terapad17

  8. pool_terapad18

  9. pool_terapad19

  10. pool_terapad20

おわりに

pool_terapad10

いかがでしたでしょうか?

一度設定を終わらしてしまえば、次からはずっと設定したアプリケーションで起動してくれますので、とても楽ちんですね♪

パソコンは脳への負担が大きいので、できるだけストレスを軽減できる設定を施していきましょう!

TAKA2
あき

最後まで読んでくれてありがとう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Gadget
あきをフォローする
この記事を書いた人はだれ?
あき

雑記ブログ「POOL」の運営&ライターをしているアラサー男子。

2019年の5月に1児のパパになります☆

「圧倒的な金」と「圧倒的な自由がほしい」が口癖。ざわざわ…ざわざわ…

あきをフォローする
POOL

コメントはこちらから